製品検索

  • ご利用ガイドを見る


会員登録するだけで初回購入から50%OFF!
アパダイレクトのお得な特長!!10段階の会員ランクでお得な利益還元!アパダイレクトの3つのお得な特長!!WEBで24時間迅速なお見積り発行!修理依頼もWEBで簡単に依頼申し込み!!

A530SE-KE4録画セット(A530SE-KE4)
A530SE-KE4録画セット
  • ランク割対象外
  • SALE
  • 在庫あり

500万画素IPカメラ・録画セット

AI機能を搭載し、人数カウントや顔検出キャプチャー機能が追加されました。

単焦点広角レンズ(f=2.8mm/F1.6)を搭載し、水平画角105°の広範囲をカバーして監視することが可能です。

威圧感を抑えたドーム型で、オフィス店舗アパート・マンションなどでの監視に最適です。

AI-530SEの主な特長

最大5MP@30fps撮影に対応
H.265+映像圧縮方式対応
・ワイドダイナミックレンジ(120dB)
・近赤外線照射距離最大約20m
単焦点レンズ(水平画角105°)
PoE(IEEE802af準拠)受電対応
音声マイク搭載
・VCA機能(最大8種類)
・人数カウント機能
・顔検出キャプチャ
・ヒートマップ機能
スマートフォン遠隔監視(P2P)


RK-KE104Gの主な特長

PoEポート×4(プラグインプレイ)
H.265+映像圧縮方式対応
・最大128倍速での高速再生対応
スマートフォンによる遠隔監視は、
 QRコードで簡単接続設定に対応
VCA機能サポート
スタイリッシュなデザイン


セットをさらにカスタマイズ
・ネットワークカメラの選択台数は1~4台
・NVR内蔵HDDは1TB~8TBまで
※LANケーブル(CAT5e以上)は、別売です。

※本製品の設置は、必ずLAN構築などネットワークの知識を有した専門の施工業者へご依頼ください。

★本製品は会員割引の対象外となります。

◆返品について◆

製品出荷後の初期 不良以外の返品は
一切受け付けて
おりません。

→詳細はこちら

参考価格(税込):オープン

特価(税込):
44,770~161,920

■カメラ・録画装置セット
(必須)
数量

500万画素ネットワークカメラ+ネットワークビデオレコーダー録画セットページTOPへ戻る▲
500万画素ドーム型ネットワークカメラ【AI-530SE】オプション品ページTOPへ戻る▲
500万画素ドーム型ネットワークカメラ【AI-530SE】の主な特徴ページTOPへ戻る▲


【 AI ビデオコンテンツ分析機能】

500万画素PoE対応屋内ドーム型ネットワークカメラ(AI-530SE)は、8個のVCA(ビデオコンテンツ分析)機能を搭載し、複数のイベントで人や自動車の検出に焦点を合わせたフィルターリングが可能です。

これらの分析機能は、ネットワークカメラの基幹ソフトウェアに統合されており、高度なセキュリティシステムを実現することができます。

※VCA機能は複数を同時に設定することも可能ですが、2~3個までをお勧めします。

1.エリア侵入検知
2.エリア離脱検知
3.高度な動体検知
4.カメラの妨害検知
5.境界横断
6.徘徊検知
7.置き去り検知
8.持ち去り検知



【人数カウント機能】

AI アルゴリズムに基づき入口の入退出する人数、または撮影範囲内の任意のエリア(最大4エリア)内の人数をリアルタイムでカウントすることができます。
統計レポート(日次/週次/月次/年次)表示やデータのバックアップも可能で、活用することで様々なビジネスに活用することが可能です。







【顔検出キャプチャー機能】

顔検出機能は、監視シーン内の人物の顔のみ、上半身、全身をキャプチャーしライブ画面上にスナップショット表示させることができます。監視効率向上以外にも、お得意様などご来店者様へのサービス向上などにご活用いただけます。





【ヒートマップ機能】

本製品は、顧客の動きや密度を映像上にヒートマップで表示させる機能が実装されています。必要に応じて売り場ごとの空間密度を分析し、ビジネスに活用することが可能です。


【H.265+/H.265(HEVC)ビデオ圧縮対応】

屋内設置専用 500万画素ネットワークカメラ(AI-530SE)は、従来までのH.264ビデオ圧縮方式と比較して、回線帯域を最大で約80%節約することが可能です。

【PCシステム要件】

OS Windows 8/10/11
Windows Server 2000/2008
CPU 1.66GHz以上
RAM 1GB以上
グラフィック
メモリー
128MB以上
インターネット
プロトコル
TCP/IP (IPv4/IPv6)
WEBブラウザ Edge(V.75以上)/Firefox(V.69以上)/Chrome(V.65以上)/Safari


【ワイドダイナミックレンジ】

500万画素 PoEネットワークカメラ(AI-530SE)は、120dBのワイドダイナミックレンジ機能を搭載。

センサーベースのWDR技術により、逆光や明暗差の激しい撮影環境下でも被写体をくっきり見やすく撮影することができます。


【3軸可動ブラケット】

AI-530SEは、独自の3軸メカニカル機構により、ネットワークカメラの向きを素早く簡単に調整することができます。


【IR LED搭載】

AI-530SEは、水平で最大120°をカバーした広角タイプのIR LED 2個と、最大60°をカバーした遠距離タイプのIR LED 2個を搭載しています。

カラー映像で0.005Luxクラスの高感度CMOSセンサーを搭載しており、夜間暗闇での撮影の際は IR LED との相乗効果で、より明るくて詳細なモノクロ映像での監視を行うことができます。


※近赤外線 IR LED 照射距離:最大20m


【音声マイク搭載】

AI-530SEは、カメラ本体に音声マイクを搭載しています。
※工場初期出荷時はOFF設定となっています。





【各部の名称】

①明るさセンサー
②音声マイク
③単焦点レンズ
④電源ランプ
⑤エラーランプ
⑥リセットボタン
⑦Micro SD/SDHC/SDXCメモリーカードスロット


【マイクロSDカードで多重録画!】

カメラ本体にマイクロSDカードスロットが搭載(最大256GB対応)されています。
本セット品のネットワークビデオレコーダー(NVR)への録画と併用し、マイクロSDカード(別売)にも多重録画してシステムの信頼性を向上させた運用方法も可能です。



【スマホで遠隔監視!】

スマートフォンアプリ(無料ダウンロード)を利用してスマートフォン(Andoroid、iOS対応)でライブ監視や録画映像の再生を行うことができます。

本ネットワークカメラは、標準でP2P(ピアツーピア)機能に対応しています。
※NVRと接続して使用する場合は、NVR側のP2P機能を利用します。NVRを接続するLANのセグメント情報に従ってプライベート固定IPアドレスを割り当ててる必要があります。


NVRの管理メニュー画面上のQRコードをスマホから読み込み、NVRのアカウント情報(ユーザー名/パスワード)を入力するだけでNVRと相互通信が可能となり、NVRの配下に接続されているネットワークカメラの映像も確認することができます。



専用のスマートフォンアプリ(無料)は、最大64台のネットワークカメラを接続しライブ監視(最大16分割×4)を行うことが可能です。
※同時再生は最大4CHまで対応



【パソコンから中央集中管理】

CMSソフトウェア(無料)を利用することで、最大128台のネットワークカメラ(最大64分割×2)を、ライブ監視・再生、その他、監視本部で各拠点を効率的に集中して管理することができます。例えば各拠点の支店や店舗に設置したネットワークカメラやNVRを、本社や管理部門で集中管理することが可能となります。


【CMS PCシステム要件】

OS Windows 8/10/11
Windows Server 2000/2008
CPU 2.6GHz以上
RAM 2GB以上
グラフィック
メモリー
1GB以上
インターネット
プロトコル
TCP/IP


【ダウンロードセンター】

本ネットワークカメラのユーザー様には、株式会社ROOKERで運営するダウンロードセンターより、機器に関連した最新のソフトウェア、および新機能の追加、改善・改良などのバージョンアップ用のファームウェアを無償で提供しています。
また機能追加などで更新頻度の高い取扱説明書は、電子ファイル(PDF形式)にてダウンロードが可能です。


【RK-KE104G】の主な特徴ページTOPへ戻る▲

H.265(HEVC)/H.265+対応



RK-KE104G】は、従来までのH.264ビデオ圧縮方式と比較して、回線帯域を最大で約80%節約可能なネットワークカメラの録画をサポートしています。

最新のH.265+では、NVRやCMSなどに集中するトラフィックを大幅に削減することで監視システム全体の信頼性を高め、より滑らかなビデオストリーミングを提供し、ストレージデータ容量の削減に貢献します。

プラグインプレイ、PoEポート×4 搭載




ネットワークカメラとネットワークビデオレコーダー(NVR)の間をLANケーブル(カテゴリー5e、6以上)と接続するだけで、ネットワークカメラへ電源供給と、ビデオ・音声・データの送受信が可能です。

4K/H.265+対応 4CH ネットワークビデオレコーダー(RK-KE104G)は、同一のLAN内に接続されたROOKER ネットワークカメラをボタンひとつで検索して追加できる、プラグインプレイ機能を利用することで初期導入時の設定作業が容易になりました。

LANケーブルが接続されると、NVRは自動的にROOKERネットワークカメラを検出し、設定等で多くの時間や専門知識等を特に必要とせず、事実上手間のかからないインストールプロセスを提供します。
また、PoEで接続されたネットワークカメラのブラウザ上の管理画面にも、NVRのブラウザ管理画面から個別にアクセスすることが可能です。


強力なデコーディングとレコーディング性能



RK-KE104G】は、1CH×4K(8MP/30fps)、1CH×6MP(30fps)、1CH×5MP(30fps)、2CH×4MP(30fps)、2CH×3MP(30fps)、4CH×1080P(2MP/30fps)ネットワークカメラの同時再生をサポートしています。

上記の性能を超えたネットワークカメラを本機に接続する場合は、メインストリームとサブストリームを有効にし、それぞれの値を本機の仕様の範囲内に設定・調整してください。

※設定・調整をしていない場合、映像の途切れなどの不具合が生じますが機器の故障ではありません。
適切に調整した場合、4K解像度のカメラで最大4台まで接続することは可能ですが、カメラのフレーム数や送信ビットレート値の上限を落として利用する必要があるため画質の低下を招きます。


メイン管理画面


拡大する

RK-KE104G】は、直接モニターへ出力(HDMI)して運用・管理したり、ネットワークを利用してパソコンのブラウザ画面からも運用・管理することが可能です。

管理画面ではメインメニューとサブメニューを体系的に表示したシンプルなレイアウトデザインを採用し、目的の設定項目への移動が容易です。


多彩なインターフェイスで日々の監視業務をサポート



RK-KE104G】は、4つのPoEポート、1つのHDMIポート、2つのUSBポート、1つのLANポートを備えています。

PoE給電ポートに最大4台のROOKER ネットワークカメラを接続できます。

HDMIポートは、最大3840x2160/30Hz出力に対応し、4K超高精細監視映像を提供します。※別途4K対応モニターが必要です。

2つのUSBポートは付属のマウスを接続してRK-KE104Gの画面操作を行うほか、USBメモリーへ録画映像を証拠映像としてバックアップ(書き出し)することができます。

ANR機能(ネットワーク回線障害時のデータバックアップ)


ANR(Automatic Network Replenishment)機能は、ネットワークカメラにSDメモリーカードを搭載して、ネットワーク回線障害時に発生するNVRの録画データ漏れを防ぐための機能です。

左図に示すように、NVRとカメラ間のネットワーク接続が正常な場合、NVRはビデオデータを録画します。

ネットワーク接続が失われると、ネットワークカメラは自動的に内蔵のSDメモリーカードにビデオデータを連続して録画します。

その後、ネットワーク回線が復旧し再接続後、自動的にネットワークカメラのSDメモリーカードから欠落したビデオデータをNVRへ転送し録画漏れを防ぐことができます。

【利用環境】
カメラ:FW. V4X.7.1.72 以上
NVR:FW. V7X.9.1.6 以上

CMS・スマートフォンアプリからの遠隔監視




拡大する




【CMSとは複数拠点に設置してあるネットワークカメラやNVRを、本社や本部などの拠点から1台のパソコンで集中管理するためのソフトウェアです。】

複数拠点のROOKER ネットワーク監視カメラやネットワークビデオレコーダーから、最大64CHの映像の同時監視を実現するCMSソフトウェア(無料)をWindows PCよりご利用いただけます。

また、【RK-KE104G】の管理画面内で表示されたQRコードをスマホのアプリで読み取るだけで、接続設定が簡単に行えるiPhone/Android用遠隔監視スマートフォンアプリ(無料)にも対応しています。


【CMS PCシステム要件】
OS: Windows 8/10/11/Server 2008/Server 2012
CPU: 2.6GHZ以上
メモリー:2GB以上
グラフィックカードメモリー:1GB以上
インターネットプロトコル:TCP/IP

【スマートフォンアプリ】
iPhone : iOS 8.0以上
Android : Android OS 4.0以上

ネットワークカメラのVCA機能をサポート


RK-KE104G】は、ROOKERネットワークカメラに実装されている10個のVCA機能をサポートしています。
※各ネットワークカメラで利用可能なVCA機能は、カメラの機種によって異なります。

詳細は各ネットワークカメラの対応VCAの仕様をご確認ください。

これらの分析機能は、監視ソフトウェアに完全に統合されており、高度なセキュリティシステムを実現することができます。

1.エリア侵入検知
2.エリア離脱検知
3.高度な動体検知
4.カメラの妨害検知
5.境界横断
6.徘徊検知
7.人物検知
8.人物カウント
9.置き去り検知
10.持ち去り検知

ダウンロードセンター


本ネットワークカメラ、ネットワークデジタルレコーダーのユーザー様には、株式会社ROOKERで運営するダウンロードセンターより、機器に関連した最新のソフトウェア、および新機能の追加、改善・改良などのバージョンアップ用のファームウェアを無償で提供しています。
また機能追加などで更新頻度の高い取扱説明書は、電子ファイル(PDF形式)にてダウンロードが可能です。


【AI-530SE】ビットレート設定と録画時間の目安ページTOPへ戻る▲
H.265+対応5MP屋内ドーム型ネットワークカメラ【AI-530SE】は、従来のH.264圧縮方式と比べ、同じ画質で約4倍の録画時間を実現したH.265+圧縮方式に対応しています。
下記表では、標準的な中程度の動きのある撮影シーンの設定要件に合わせて、各解像度および各fpsの設定ごとに本製品の推奨ビットレート設定及び、接続先ネットワークビデオレコーダー(NVR)での録画時間の目安(日数)を記載しています。

【AI-530SE】ビットレート設定の目安 【AI-530SE】ビットレート設定の目安(PDF形式)


4CH ネットワークビデオレコーダー【RK-KE104G】セット接続例ページTOPへ戻る▲
          
ROOKER ネットワークシステム システム要件ページTOPへ戻る▲
           
▼最近チェックした製品
最近チェックした製品がありません。